谷村実業株式会社ロゴマーク

谷村実業への採用エントリーはこちらから
  • リクナビ
  • マイナビ

採用に関する
問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

社員インタビュー01ファーストビュー

鉄鋼、金属製品を取り扱う総合商社として、幅広い事業を展開する谷村実業。
各社員の所属や配属エリアにより、仕事に取り組む姿勢はさまざまです。部門の枠を超え、本社・大阪支店・京滋支店に属する社員が集いました。それぞれの視点から谷村実業の魅力や職場環境について語り合います。

参加メンバー

Question1

現在のお仕事について

座談会
  • 顔写真
    阿保本社の生活産業部で営業をしています。おもに生活用品を扱い、海外から商品を輸入して国内外への販売を行なっています。当社独自のオリジナル商品の企画・開発もしています。営業として打ち合わせや業務全体の調整を行い、取引先様に満足いただける提案をしています。
  • 顔写真
    冨岡私は本社でおもに営業事務を担当し、売上入力や請求書作成などの経理業務を行なっています。弊社の営業の代わりにできることは対応し、営業活動に専念できる時間を増やすサポートをしています。そのほか、採用関係の業務も行っています。
座談会
  • 顔写真
    綾田私は鉄鋼建材事業部という鉄を扱う部門にいます。京滋支店に所属し、おもに営業として鉄骨工事の請負と鉄鋼製品の販売を行っています。ゼネコン様をはじめ様々な建設会社様にお引合いいただいた案件を、見積などを通して提案し受注へと繋げています。大阪支店の木村さん、堀内さん、黒田さんも鉄鋼建材事業部で同様の仕事をされています。
Question2

谷村実業に入社した決め手は?

座談会
  • 顔写真
    冨岡100年を超える歴史があることと、面接官の方々の雰囲気がとてもいいなと感じて入社しようと思いました。会社が地元に近く、成長し続けている企業ということも決め手となりました。
  • 顔写真
    黒田冨岡さんと同じで、私も働いている人を見て決めました。就活の時は漠然と商社に絞って見ていました。面接官の方の雰囲気や入社前に食事をご一緒した時の会話で、ここで働きたいなと。
座談会
  • 顔写真
    木村私の場合は「自由そうだな」と思ったのが理由でした。内定先をもらったなかでは、良くも悪くもキツそうで(笑)。営業としては成長できそうだなと感じたことが入社を決めた動機です。
  • 顔写真
    堀内就職活動中に初めて谷村実業という会社を知りました。「営業」を軸に探すなかで「大きな建物を建てる」ことに携われることに魅力を感じて志望度が高くなり、ここに決めました。
Question3

仕事をする上で、心がけていることは?

座談会
  • 顔写真
    綾田京滋支店では「どうやったら楽しく働けるか」というところを重視しながら仕事をしています。支店全体が楽しい雰囲気で気持ちよく仕事ができれば、お互いの意見が言いやすくなりますし、業務が円滑に進みますから。
  • 顔写真
    黒田同僚とのコミュニケーションは大事ですね。今年、私の後輩が入ってきました。彼らに「どうコミュニケーションしたらやる気をもってもらえるかな」と考えながら接しています。若い人が増えると職場がパッと明るくなります。彼らと「この会社を盛り上げていこうな!」と熱く語り合うこともたまにあります(笑)。冨岡さんはいかがですか?
座談会
  • 顔写真
    冨岡私は部署の中では経験を積んだ存在になりました。後輩が気づいたことや改善点を主張しあえる雰囲気づくりを大切にしています。長く働いていると今までのやり方を変えることに抵抗感を感じることがあるかもしれませんが、否定して発言しづらい雰囲気にはならないようにしています。後輩から「〜に挑戦したい」という意見が出た場合には先輩として責任を持ち、フォローしながら実行するようにしています。
座談会
  • 顔写真
    堀内仲間とのコミュニケーションも大事ですが、私が気をつけているのはスピード感かな。社内外を問わずレスポンスが早いかどうかが、一番信用に繋がるところですから。お客さんが想定しているスピード、あるいはそれ以上で返していますね。社内でも反応が早いと円滑に進みますし。
Question4

それぞれの部門の職場環境は?

座談会
  • 顔写真
    木村鉄鋼建材事業部は各支店の業務内容は同じですが、支店ごとに雰囲気は異なります。大阪支店は動物園みたい(笑)。個性的な人が集い、それぞれの分野の凄腕のスペシャリストがいるという感じ。いっぽうで、綾田くんのいる京滋支店は若い社員が多くてエネルギッシュな感じ。
  • 顔写真
    綾田そうですね。こちらは若手が揃っていて、みんな熱をもってワイワイと仕事に取り組んでいます。私はまだ4年目ですが、トラブルが生じた時は後輩のフォローをする風土がありますし、普段から会話も多くて風通しの良い職場ですよ。
座談会
  • 顔写真
    阿保私と冨岡さんのいる本社は福知山に拠点があるので、地域性もありのどかな雰囲気です。みなさん協調性があって、若手からベテランの方まで気軽に意見を出し合える環境かと思います。
  • 顔写真
    冨岡私もそう感じます。営業さんが外出の時は、事務がほとんどになる時間帯も多いですが、部署をまたいで声を掛け合う雰囲気はあるかなと思います。お互いに配慮して声をかけたり、他の人が忙しそうな様子であれば「これは私がやりましょうか」と声をかけたり。
座談会
  • 顔写真
    阿保そうそう。生活産業部はとくに若い人や女性が多いから、どこか優しい雰囲気かな。生活産業部は同じフロアにショールームがあってたくさんの商品サンプルがあります。仕事中でも終業後でもラフに意見交換できる雰囲気は必要だなと思います。「昨日テレビで見た商品が面白くて参考になったよ!」という、なにげない会話が新商品の開発に繋がることがありますから。
Question5

谷村実業にはどんな人が多い?

座談会
  • 顔写真
    堀内真面目で誠実な人が多い印象ですね。各人がそれぞれの目標を掲げ意識をもって取り組む人が多いと思います。真面目にピシッと、やる時はやる。一方でざっくばらんに力を抜いてコミュニケーションもできる。
  • 顔写真
    黒田オンとオフがはっきりしている人が多い感じですよね。私はまだ3年ほどしか谷村実業にいませんが厳しい時は厳しく、プライベートはしっかり休む。その切り替えができている人が多いのかなと思います。仕事でミスして凹んでいたら、元気がないのを気にかけて励ましてくれる人も多いです。
座談会
  • 顔写真
    阿保他人に興味をもっている人が多いからこそ、できることですね。「自分はこの仕事だけ」と思わず、みなさん周囲の仕事を気にかけていますね。自分の仕事範囲を決めつけないというか。それが良い影響を与えて、その人の可能性を超えて成長に繋がっていると思う。
座談会
  • 顔写真
    綾田自分を成長させるために、向上心と欲を持ち合わせている人はこの会社に向いていると思います。営業職は自分の頭で考えて動かないといけないので、時には挫折したり辛さを味わったりすることがあります。その時に「将来はこうなりたい!」という欲と向上心がないと、踏ん張り切れないと思います。
座談会
  • 顔写真
    木村みんな熱いな(笑)。私が思うのは「自分が決めたことに対する行動力」というところですね。例えば冨岡さんは営業をサポートするために、毎日走り回ってくれています。決めたことへの執着というのかな。そういうところを固執して、主体的に行動できる方といっしょに働けたら嬉しいですね。

INFORMATION